白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

今注目の白髪染めトリートメントですが、白髪染めトリートメントには他の白髪染めと比べて、どんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

白髪染めトリートメントのメリットといえば、やはり手軽さです。

白髪染めをするとなれば、肌に付かない様に、周りに飛び散らない様にと気を遣ってしまうものですが、白髪染めトリートメントの場合は素手でそめられるし、肌についても洗い流せ、濡れた髪に使えるので普段のバスタイムと変わらない感じで白髪染めをすることができます。

放置時間は必要ですが、その間に湯船につかったり、体を洗ったりしていれば良いので本当に楽々白髪染めをすることができます。

では反対に白髪染めトリートメントのデメリットといえばどんなことでしょうか?

白髪染めトリートメントは普通の白髪染めと違って、髪の内部に色を浸透させるものではありません。

ヘアマニキュアの様に髪の表面に色をつけるというものなので、洗って行くと段々と色落ちしてしまうというデメリットがあります。

染める段階でも一回で一気に染まり上がるのではなく、使って行くほどに段々と色が染まって行くというスローペースな染め上がりです。

使い続ければ、希望の色になっていきますが、使わないでいると色は通常の白髪染めよりも早く色がなくなってしまいます。

白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めと比べて手軽に染めやすいというメリットがありますが、染まり具合が弱い、色落ちしやすいなどのデメリットがあります。

注目記事:白髪染めするならツヤ髪になろう!効果的な染め方とその頻度は?

コメントは受け付けていません。